1. HOME
  2. お知らせ
  3. 日本経済新聞1面トップ記事に当社技術の適用が紹介されました。

NEWS

お知らせ

メディア掲載

日本経済新聞1面トップ記事に当社技術の適用が紹介されました。

201338日付、日本経済新聞の第1面トップ記事に、当社に関する記事が掲載されましたので、ご案内いたしま
す。
内容は、富士通と当社は業務提携を行い、当社が開発して参りました技術を富士通へ移管したうえで、当該技術を中核ソフトウェアとして富士通社内で広く展開して行く、というものです。
これにより、富士通の製造部門は大きく製造革新を進めることとなり、本技術を開発しました当社としましては、当社技術を大きくご評価いただいたものと考えております。


以下に概要をご紹介します。
富士通が国内でものづくり革新に乗り出す。レクサー・リサーチのシミュレーション技術を採用し、富士通の主力15工場に導入して効率の高い生産ラインを構築しグローバル競争に勝ち抜く。
シミュレーション技術が進化し、コンピューターの画面上で生産性が最高になるように工場の人員配置や設備レイアウトを決めることが出来る。一人ひとりの作業手順や部品情報までの大量データを入力して、最適ラインを築く。
富士通は今年から主力15の国内全工場に導入し、膨大なデータを解析する「ビッグデータ」技術と組み合わせる。第一弾は携帯電話の主力工場の富士通周辺機であり、同社は今年からスマートフォン輸出に乗り出す。ラインを作ってから改善する作業が省けるため、開発から量産までの期間を現在の半分の約3ヶ月に短縮する。生産コストも半減できる見通し。
また、セイコーエプソンでも新方式を導入。シミュレーション技術で生産性の向上を図っている。

最新記事

▼ 生産シミュレータ GD.findi

GD.findi
生産シミュレータGD.findi は、
シミュレーションによるデータドリブンな意思決定を支援いたします。