1. HOME
  2. お知らせ
  3. 弊社が提唱する「シミュレーション統合生産」のコンセプトが日経ヴェリタス第405号に掲載されました。

NEWS

お知らせ

メディア掲載

弊社が提唱する「シミュレーション統合生産」のコンセプトが日経ヴェリタス第405号に掲載されました。

弊社が提唱する「シミュレーション統合生産」のコンセプトが日経ヴェリタス第405号に掲載されました。
日経ヴェリタス第405号(2015/12/13発行)において、トレンドのキーワードを紹介するコーナー「New Wordで、新しいコンセプトとしてのシミュレーション統合生産を掲載いただきました。
概要は以下の通りです。
——————————————————————————————————————
シミュレーション統合生産
効率よい生産工程、コンピューターではじき出す。
製品の量産で、不具合を起こさせず、効率よく生産する工程を コンピューター上でシミュレーションする方法であ
る。
世界の製造現場ではあらゆるモノをインターネットでつなぐ「IoT」を もとに機械同士を連携され、生産ラインを効率化する動きが広がっている。
日本では臨機応変に工程を見直す「カイゼン」などの独特の慣習が定着 しているため、IoTをそそまま持ち込んでもそぐわない場合が出かねない。
そのため、シミュレーション統合生産はIoTを日本流にアレンジする考え方 で、カイゼン自体をコンピューター上で試し、実際にかかる時間の短縮に つなげる。
グローバル市場に商品を一斉に投入するため、世界各地で同時に量産を始める 「世界同時立ち上げ」にも役立つとみられる。
製造業のシステム構築を支援するレクサー・リサーチ(鳥取市、中村昌弘社長) は産業技術総合研究所と組み、シミュレーション統合生産に基づく生産システム を開発中だ。
電機や自動車など日本メーカーの競争力を高めるカギになるかもしれない。

最新記事

▼ 生産シミュレータ GD.findi

GD.findi
生産シミュレータGD.findi は、
シミュレーションによるデータドリブンな意思決定を支援いたします。